So-net無料ブログ作成
●◎● 【おしらせ】  ★ ブログの更新もブログ巡りも、かーーなーーーり、ゆったりペースとなっております ★    ●◎●

久しぶりにSF [本]

暑いですね。
みなさま、夏バテや冷房病にはお気を付け下さい。
という私も、今週頭はぶっつぶれてましたが、現在は無事復調いたしております。(^_^;)
パソコンが熱いのと、私が暑いので、nice!のお返し等、遅くなります。ごめんなさい。



ちょっと前のことですが、 『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』の予告をテレビで観て、ブルブルって、ライオン?と、突如興味津々になりました。
私の子供の頃、アンパンマンのアニメはなかったので、ほぼほぼ興味なく生きてきたのですけど。
でもブルブルとなると話は別です。
『やさしいライオン』です。

やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)

やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)

  • 作者: やなせ たかし
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 1982/01/01
  • メディア: 単行本


まだ、保育園に通っていた頃に読んで貰い、切なくて泣いたような記憶があります。
アニメ観たような記憶もありますが、あまり昔のことで記憶捏造の可能性もあり、定かではありません。


 
 
 

ダイエット物語 - ……ただし猫

ダイエット物語 - ……ただし猫

  • 作者: 新井 素子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/07/20
  • メディア: 単行本
『ダイエット物語…ただし猫』 新井素子
かーなーり懐かしい、「結婚物語」の陽子さんの最近の(?)お話。
飼ってる猫のダイエットが大変だったという。
んで、次は飼い主夫婦のダイエットも大変だという。
その他にも、陽子さんの大腸ポリープの内視鏡手術が大変だったという。
この前に読んだのはショートショートだったのであまり気にならなかったのですが、今回は。この癖のある素子さんの文章が。
いやー、すごく、すんごく、読みにくかったんだよおーっ!(←ちょっと真似してみたつもり)
とはいえ一週間で読み終えたので、読みにくいというのとも違うかもです。




〈口語訳〉遠野物語

〈口語訳〉遠野物語

  • 作者: 柳田 国男
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1992/07
  • メディア: 単行本
『口語訳 遠野物語』 柳田國男
たまたま図書館で目に付いたので、読んでみました。
ずっと以前から、いつかは読みたい本リストに入れていましたが、なかなか手に取る機会がなくて。
夜ひとりで読んでいると、ぞわっとしたりもしますので、昼間に明るい場所で読みました。三週間くらいかかった…遅い。でも途中に「ダイエット物語」読んだから、正味二週間?←やっぱ遅い。




ビロウな話で恐縮です日記

ビロウな話で恐縮です日記

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2009/01/22
  • メディア: 単行本
『ビロウな話で恐縮です日記』 三浦しをん
どのエッセイを読んだのか読んでないのか、すでに分からなくなってますが、これははじめて読んだみたいです。(ちょっと不安)
清々しいまでの漫画馬鹿だな~と、心が和みます。(ちょっと違う)




花嫁は元男子。

花嫁は元男子。

  • 作者: ちぃ
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本
『花嫁は元男子。』 ちぃ
男の子として生まれ育ち社会に出て、そんで花嫁となったちぃさんの、そこに至るまでのいろんな話。




コロボックルの小さな画集

コロボックルの小さな画集

  • 作者: 村上 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: 単行本
『コロボックルの小さな画集』 村上勉
佐藤さとるさんのコロボックルシリーズの挿絵を、初めからずっと描かれておられる村上勉さんの、コロボックル画集。
どのような経緯で挿絵を描くようになったのかとか、どのような画材をお使いになられているのかとか、いろいろ書かれているのも面白いです。
もちろん、コロボックルたちが生き生きと、所狭しと駆け回っているのがたまらなく可愛いです。




太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)

太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)

  • 作者: 野尻 抱介
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2005/03/24
  • メディア: 文庫
『太陽の簒奪者』 野尻抱介
すっっっっっっっっっっごく久しぶりに読んだSF。
ファーストコンタクトで、セールでビームの宇宙船で、休み休み読んだけど、分かりやすくて良かった。(私は。一般的にどうかは分からないです。)
これは、某ゲームでたまたまご一緒した方が、ハードSF好きならこの辺りが読みやすくてオススメですよーと教えてくださったものです。
でなかったら、日本のSFにも、今流行のSFにも疎い私が、買ってまで読むことはなかったと思います。(^_^;)




火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: レイ ブラッドベリ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/07/10
  • メディア: 文庫
『火星年代記』 レイ・ブラッドベリ
七年近くかかって読み終えました。
…地球人、馬鹿なの? ねえ、地球人って馬鹿ばっかりなの!?
と、地球人に対しての怒りが止まらず、最後滅亡したっぽい地球に対し、ざまあみろと思ってしまったワタシって…。
七年かかったのは、精神的に挫けていたからです。今も引きずっているのは否めませんが、これと、『太陽の簒奪者』を読み終えたことで、ちょっと自信ついたかも。SF読める、って。





NEC_0278.JPG
NEC_0283.JPG
6月に食べた、おそ松さんコラボからあげクン。
…いや、可愛かったから…。もごもご。

 
nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 16

コメント 2

mam♪

最近は暑かったり涼しかったりと忙しい天気です
by mam♪ (2017-08-05 18:12) 

kyo

◆ mam♪さま、台風はいかがでしたでしょう。被害がなければ良いのですけど。



みなさま、ご訪問&nice! いつもありがとうございます!

by kyo (2017-08-08 17:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0