So-net無料ブログ作成
●◎● 【おしらせ】  ★ ブログの更新もブログ巡りも、かーーなーーーり、ゆったりペースとなっております ★    ●◎●

最後の忠臣蔵 [テレビと映画]

去年は私の人生で未だかつて無いくらい、マメに映画を見に行きました。
のだめ前編/後編、アイアンマン2、踊る3、ちょんまげぷりん、十三人の刺客、大奥、武士の家計簿。
と、真剣vs轟音、電王・赤/青/黄。

今年一発目は「最後の忠臣蔵」です。
201101-12.JPG
討ち入り後、四十七人中ひとり生き残り、残された浪士の遺族を支援するため十六年の歳月をかけて日本各地を巡った寺坂吉右衛門の旅もようやく終わる。
そこでたまたま見かけたのは、討ち入り前夜に逐電した親友、瀬尾孫左衛門の姿。
命惜しさに逃げたと言われた孫左衛門だが、実は大石内蔵助の密命を受けていた――。

はい、気持ち良く、泣いて来ました。
大変に、美しい話でありました。
現代的に考えれば、忠義に死ぬなんて馬鹿馬鹿しいことかもしれませんし、実際私には到底出来ないことだと思うのですが、忠義に生き、死ぬ、という美学を理想とする気持ちもあることは否めないのです。
うら寂しいほどの可音の花嫁行列に、徐々に元赤穂の家臣たちが加わるところなど、涙なしには見られません。
そして使命を果たした孫左衛門の選んだ道も。

佐藤浩市さん(吉右衛門)はもちろんですが、役所広司さん(孫左衛門)、格好良かったですねえ。
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 4

pica

佐藤浩市は好きだし面白そうだし、観たかったんですよね、これ。
忠臣蔵というと、どうしても討ち入りまでは丁寧に描かれた映像に
なることはあるけど、討ち入り後はなかなか…ですもんね。
by pica (2011-01-18 18:19) 

kyo

◆ picaさま、何と言っても事件の十六年後ですから、普通の忠臣蔵とは視点が全然違ってて面白かったですよ。
そして、生きねばならなかった二人の男の生き様、というのが大変に美しかったのです。大満足して来ました!!

◆ お茶屋さま
◆ ジャニスカさま
◆ kaoruさま
◆ ぜろこさま
◆ -micky-さま
◆ 七さま
◆ mam♪さま

みなさま、ご訪問&nice!をありがとうございます!!![ウス]
by kyo (2011-01-23 18:55) 

みーはー熊

ん~劇場で見たかったなぁ。今はDVDになるのを待ってます^^;
by みーはー熊 (2011-03-01 02:00) 

kyo

◆ みーはー熊さま、面白かったですよ、この映画!
とにかく美しい映画でした。[オー]
by kyo (2011-03-06 12:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2